朝礼ネタ 藤井聡太 強さの秘密

藤井聡太 強さの秘密

デビューから無敗の29連勝

将棋の最年少棋士、14歳の藤井聡太四段が、
前人未到の公式戦29連勝を達成しました。

藤井四段は、昨年10月1日付で四段に昇段すると、
12月24日、当時現役最年長の加藤一二三九段( 77 )との
竜王戦6組ランキング戦の対局で初勝利。

今年4月4日には11連勝を達成して、
松本佳介六段( 45 )と近藤正和六段( 46 )が持っていた
デビュー戦からの連勝記録を塗り替えました。

そして、6月26日、東京都渋谷区の将棋会館であった
竜王戦決勝トーナメント1回戦で、増田康宏四段( 19 )に91手で勝ち、

神谷広志八段( 56 )が、1987年に達成した公式戦連勝記録の28を
30年ぶりに塗り替え、歴代単独1位となる29連勝を達成しました。

公式戦では劣勢に陥ったり、
終局直前で対戦相手が手を間違えたりした将棋もあったものの、

敗れた相手が 「 スキのない将棋 」 と口をそろえる、
正確な指し手の連続が新記録につながったとのことです。


望外に僥倖

藤井四段は、愛知県瀬戸市で生まれ育ちました。

将棋との出会いは5歳の時。
祖母が買ってきた将棋セットに興味を持つと、すぐに駒の動かし方を覚えます。

祖父が相手をできる期間はわずかしかなく、
やがて近くの将棋教室に週4日で通うように。

2年後、小学校1年生でアマチュア初段となりました。

現在は、県内有数の進学校である、名古屋大学教育学部附属中学の三年生。
しかし中学三年生ながら、その語彙力にはすごいものがあります。

デビュー後11連勝の公式戦新記録を達成した際には、

「 自分の実力からすれば、望外の結果なので素直にうれしい。」
※ 望外 = 望んでいた以上によいこと

連勝を20の大台に乗せた時には、

「 僥倖( ぎょうこう )としか言いようがない。しっかり実力をつけたい。」
※ 僥倖 = 偶然に得る幸運

など、すでに棋士としての風格も漂っています。

はたして14歳の快進撃は、どこまで続くのでしょうか?

ここから朝礼ネタ

今、将棋の世界を騒がしている、14歳のプロ棋士 藤井聡太くんの話なんですが、
デビューから、無敗で29連勝を達成した藤井くんの強さの秘密は、
「 負けず嫌い 」 にあるということでした。

小学生の頃から対局に破れると、この世の終わりかというくらい、
声をあげて泣いていたそうで、

相手が5つも6つも年上の上級者でも、大声で泣きじゃくり、
他の子供たちから、「 藤井君の泣き声がうるさくて将棋に集中できない 」
という訴えが出るほどだったそうです。

もっと強くなりたいという向上心や、自分への悔しさがあったから、
驚くほどの成長を遂げることができた、ということでした。

私はというと、仕事を覚えたての頃は、うまくできなかったりすると、
心底悔しかったものですが、

最近では、少しうまくいかないことがあっても、
「 まぁこれくらいでいいか 」 と妥協することが多くなったような気がします。

今一度初心に戻って、できない悔しさをできた喜びに変えられるように、
努力していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿