朝礼ネタ エコ運転 と エゴ運転

エコ運転 と エゴ運転

本当のエコドライブとは

環境に優しく、燃費が良くなるエコドライブ。

最近の車になると、ドライブを終えて帰宅すると、
「 eスタート率が良くなりました 」 と車がしゃべったり、
「 燃費ランキング 」 などが表示されたりします。

できるだけ燃費よく車を走らせたいとは思いますが、時と場合によっては、
「 その運転はエコではない 」 ということも多いようです。


典型的なのは、「 ふんわりアクセル 」 や「 eスタート 」。
穏やかにアクセルを踏んで発進すれば、 たしかに好燃費につながります。

しかし、通行量の多い道でそれをやると、
一回の青信号で交差点を通過出来る車の台数が減ることになり、
結果として流れを悪くし、やがて渋滞を招くことになります。

本人は、地球にやさしい 「 ふんわりアクセル 」 のつもりでも、
周囲の目には、やや迷惑な 「 ノロノロ発進 」 と映っている場合も
少なくありません。

社会全体のエコを考えるなら、できるだけ速やかに発進、
巡航速度までスムーズに加速したほうが好ましいといえるのです。

エコドライブ10のすすめ

環境省が紹介しているものです。
前述の通り、時と場合に応じて行うのがよいかもしれません。

  1. ふんわりアクセル 「 eスタート 」
  2. 車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転
  3. 減速時は早めにアクセルを離し、エンジンブレーキを活用
  4. エアコンを適正温度で使用する
  5. 無駄なアイドリングはやめる
  6. 行き先やルートを確認し、余裕をもって出発する
  7. タイヤの空気圧を適正に
  8. 不要な荷物はおろす
  9. 迷惑駐車をしない
  10. 自分の燃費を把握する

ここから朝礼ネタ

先日読んだ記事に、エコ運転のつもりが、エゴ運転になっていませんか?
というものがありました。

例えば、発進時にアクセルを一気に踏むことなく、
ゆっくりスタートすることはエコ運転になりますが、

通行量の多い道でそれをやると、一回の青信号で、
交差点を通過出来る車の台数が減ります。
すると、車の流れが悪くなり、やがて渋滞を招いてしまいます。

ドライバー一人一人は、エコだと思ってしている運転が、結果として、
多くの車の燃費を悪くしてしまう、
周囲から見れば 「 エゴ運転 」 ということが、多々あるということでした。

私も、仕事の段取りを自分優先にしてしまいがちで、
まわりの人に迷惑をかけてしまっていることがあります。

段取りよく、効率よく仕事をすることは大切ですが、
「 エゴ仕事 」 にならないよう、気をつけていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿