朝礼ネタ 「 東北でよかった 」 と 解釈のカタチ

「 東北でよかった 」 と 解釈のカタチ

失言ばかりの今村元復興相

4月26日、今村復興相が辞任しました。

もはや復興担当大臣とは思えない失言の数々で、
安倍首相から事実上更迭された形での辞任となりました。

「 福島の復興は、マラソンにたとえると30キロ地点 」

2017年1月28日、福島市で行われた
「 原子力災害からの福島復興再生協議会 」 での冒頭挨拶。

会議終了後に、内堀雅雄福島県知事から

「 避難指示区域では、まだスタートラインに立っていない地域もある。
解除された地域も復興の序の口だ 」

と、認識相違の大きさを指摘されました。

「 本人の責任でしょう。( 不服なら )裁判でも何でもやればいいじゃないか 」

2017年4月4日午前の閣議後会見で、東京電力福島第一原発事故で、
今も帰れない自主避難者について、国が責任を取るべきでは ?との
記者の問いに対して。

また、帰れないのは自己責任と思うか?との質問には 
「 基本的にはそうだ。国はできるだけのことはやった 」と答え、

さらに質問しようとした記者に
「 何で無責任だと言うんだ。無礼だ。もう二度と( 会見に )来ないで下さい 」
と机をたたき、「 うるさい 」 と会見を打ち切りました。


「 まだ東北で、あっちの方だったから良かった 」

2017年4月25日、所属する自民党二階派のパーティーで講演し、
東日本大震災の被害に関し、

「 まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、
莫大な、甚大な額になった 」 と述べました。

同パーティーに出席した安倍晋三首相は、今村氏の発言に対して、

「 東北の方々を傷つける極めて不適切な発言だ。
首相としておわびをさせていただきたい 」 と謝罪しました。

「 #東北でよかった 」

今村氏の 「 東北でよかった 」 発言を受け、ツイッターでは、
怒りや憤りの投稿がツイートされました。

しかしその後、ある投稿をきっかけに潮目が変わりはじめ、
素敵なツイートが溢れだします。

詳しくは、下記の朝礼ネタからどうぞ。

ここから朝礼ネタ

先月の話ですが、ニュースで、辞任した今村元復興相が、
東日本大震災について、「 首都圏ではなく東北だったからよかった 」 と
発言していたものがありました。

ニュース直後、ツイッター上では、「 もうしゃべるな 」 とか
「 大臣を辞めさせろ!」 という怒りの投稿が多かったそうですが、

その後、プロ野球パ・リーグで首位を走る、東北楽天ゴールデンイーグルスが
ナイトゲームで勝つと、ファンが今村氏の発言にひっかけて、

「 楽天が東北でよかった 」 とつぶやきます。

すると、「 東北に生まれてよかった 」 とか、
「 東北の風景や食べ物がよかった 」 など、
発言を逆手にとった、前向きな投稿が爆発的に広がったそうです。

「 東北でよかった 」 という言葉は同じでも、それをどう解釈するかで、
全く意味合いが違ってきます。

否定的な発言を、逆にエネルギーに変えていこうとする東北の人が
素晴らしいなと感じました。

仕事におきましても、

お客様から、厳しい言葉をいただくこともあると思いますが、
それはうちの会社や製品に、期待してくれているからの言葉だと解釈して、
それに応えられるように、前向きにがんばっていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿