朝礼ネタ 食品ロス データか勘か

食品ロス データか勘か

食品ロスは632万トン

食品ロスとは、売れ残りや食べ残しなどで、
本来食べられるはずの食品が廃棄されてしまうことを言います。

日本国内で、1年間に出た食品ロスの量は、632万トンにもなります。

これは、世界中で行われている、途上国などへ向けた食料援助の量の、
およそ2倍にあたるのだそうです。

また、食品ロスの問題は、日本だけではなく、
先進国の間でも共通の課題になっています。

こうした食品ロスを削減するために、いろいろな取り組みが行われています。

メーカーや消費者の取り組み

作りすぎを減らす

ある豆腐メーカーは、毎日のように多くの商品を廃棄していました。

小売りからの注文には、必ず応えなければならないため、
商品を多めに作らざるを得なかったのです。

少しでもロスをなくそうと、経験や勘を頼りに計画を立ててきましたが、
見込みが外れることも多く、こうしたコストが重荷になっていました。

そこで、豆腐メーカーがタッグを組んだのが、日本気象協会。

気象協会では、蓄積した気象データを元に、
企業活動を支援するサービスを行っています。

この豆腐メーカーが、どうやって食品ロスを減らせたのか?
続きは下記の朝礼ネタで。


消費者の意識改革

消費者の間でも、これまで捨ててしまっていた食品を大切にして、
見直していこうという意識が広がっています。

そのひとつに、サルベージパーティーがあります。

サルベージとは、「 救い出す 」 という意味で、
台所に眠っていた食品を持ち寄って、プロの料理人にアドバイスをもらい、
ひと味違った料理を作って、みんなで楽しもうというものです。

例えば、冷蔵庫に閉まわれていた缶チュウハイは、
デミグラスソースの隠し味になったり、

お麩は乾燥したまま、春雨サラダにのせて、食感のアクセントにしたりと、
活用のヒントが得られる場で、最近人気のようです。

食品ロスを削減するには

食品ロスは、販売のチャンスを逃したくないメーカーや小売りが、
消費者の 『 新鮮さを求める強すぎる意識 』 に応えようとした結果だと、
指摘されています。

食品を廃棄すれば、原材料費などは無駄になり、廃棄の費用も必要となり、
これらのコストは、最終的には価格に上乗せされ、
消費者の負担になって返ってきます。

私たち消費者は、今日使うことが分かっているのに、賞味期限が長い食品を
選ぶ必要があるのかなど、買い物の時に少し考えてみたり、
今の消費のあり方を、見直していくことも必要なのではないでしょうか。

ここから朝礼ネタ

先日のニュースで見たのですが、

売れ残りや食べ残しなど、本来食べられるはずの食品が廃棄されてしまう
「 食品ロス 」 が、日本では1年間で632万トンもあるそうです。

そうした食品ロスを減らすため、ある豆腐メーカーは、
日本気象協会に協力を依頼します。

日本気象協会は、気温の変化と夏によく売れる寄せ豆腐の販売数の関係を分析。

すると寄せ豆腐は、暑さが続いた日よりも、
前の日に比べ、気温が大きく上がった時に需要が伸びることがわかりました。

そうして、天候などから売れる量をデータ化して予測することで、
作りすぎや不足の誤差がかなり減ったそうです。

どんな仕事においてもですが、

経験や勘に頼っていると、どうしてもうまくいく時、いかない時がでてきます。
いつやっても、誰がやってもうまくいくように、少しずつデータを集めて、
より仕事の精度を高めていけるように、がんばりたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿