朝礼ネタ 浅田真央が愛される理由

浅田真央が愛される理由

真央ちゃん 現役引退

先日、フィギュアスケート女子のバンクーバー五輪銀メダリストである、
浅田真央選手が引退を決め、記者会見を行いました。

五輪後は、現役続行の可能性を 「 ハーフハーフ 」 としていましたが、
一年間の休養を経て、平昌五輪を目指し現役復帰。

復帰してから、いい形でスタートできたものの、
そこから練習するにつれて、試合に出るにつれて、
「 ついていけるのかな 」 という思いが強くなったとのこと。

1シーズン目は乗り切れたものの、2シーズン目からは
「 なんとか頑張ろう 」 という思いだけでやってきた感じがあって、

昨年12月の最後の全日本選手権で、自己最低となる12位に終わり、
「 もういいんじゃないかな 」 と引退を決意したそうです。

これからは、プロスケーターとなる真央ちゃん。
スケートのみならず、リンク外の活躍にも期待したいですね。


浅田真央
1990年9月25日生まれ( 26歳 )
愛知県名古屋市出身

2010年 バンクーバーオリンピック 銀メダル
2014年 ソチオリンピック 6位入賞
2008年・2010年・2014年 世界選手権優勝
グランプリファイナル 優勝4回

2010年バンクーバーオリンピックでは、女子シングル史上初めて、
1つの競技会中に3度のトリプルアクセルを成功させました。

引退会見での質問

ノーミスへのこだわり

これまでの競技人生の中で、何度も出てきた言葉というのが 「 ノーミス 」。
そこまでパーフェクトにこだわり続けたのは、
どういう思いがあったんですか?と聞かれ、

「 やっぱり失敗はしたくないですし、これだけ試合に向けて練習してきている
からこそ、誰もがミスしたくないと思う。

でも、自分は試合にそんなに強いタイプではなかったので、
あえて自分で言っていたんじゃないかなと思っています。」

代名詞 トリプルアクセル

真央さんにとってトリプルアクセルはどんなものですか?と聞かれ、

「 私は伊藤みどりさんのようなトリプルアクセルが跳びたいと思って、
ずっとその夢を追ってやってきました。

本当に跳べた時は、すごくうれしかったですし、
自分の強さでもあったと思うんですけど、
その半面やっぱり悩まされることも多かったです。」

あえてトリプルアクセルに声をかけるとしたら、
どんな言葉をかけたいですか?と聞かれ、

「 何でもっと簡単に跳ばせてくれないの?」 って感じです ( 笑 )

ここから朝礼ネタ

先日、フィギュアスケートの浅田真央選手が引退されました。

テレビでも、各局が特番を放送するなど、たくさんの日本国民から
愛された選手だったと思います。

その理由として、

おごることなく、ひたむきに努力し続ける姿や、

ソチ五輪でのショートプログラムの大失敗から、
切り替えてフリーで素晴らしい演技を見せたように、
失敗しても諦めない姿に、誰もが応援したくなるんだろうと思います。

私も、周りから応援してもらえるような人になれるように、
おごることなく努力を続けて、人間的にも成長していけるように、
がんばりたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿