朝礼ネタ 栃木のスキー場 雪崩事故で高校生7人死亡

栃木のスキー場 雪崩事故で高校生7人死亡

登山の講習会での悲劇

3月27日午前8時30分ごろ、
栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生し、

登山の講習会に参加していた、県立大田原高校の男子生徒7人と
男性教員1人の計8人が、搬送先の病院で死亡しました。


講習会は、県高校体育連盟主催の春山安全登山講習会。

積雪のある時期の登山の理解を深め、事故防止に役立てる目的で、
25~27日の日程で、県内7校の山岳部の1、2年生と教員計62人が
参加していました。

27日は茶臼岳への往復登山を予定していましたが、
雪が激しく降る悪天候のため、午前6時に中止を決定。

その後、午前7時半になってゲレンデ周辺で、当初の予定にはなかった
ラッセル訓練を行い、その途中で雪崩に巻き込まれました。

死亡した8人のほかに、訓練に参加した生徒と教員の計40人全員が負傷。

この事故を受け、松野文部科学大臣は原則として、高校生の冬山登山を
禁止するように、全国の教育委員会などに通知したとのことです。

ここから朝礼ネタ

先日、栃木県のスキー場で、登山の講習を受けていた高校生7人と教員1人が、
雪崩で死亡するというニュースがありました。

当日は、大雪や雪崩の注意報が出ていたものの、登山講習は毎年この時期に
開催していて、今までも何事もなく出来ていたことから、

「 注意報が出ていても大丈夫だろう 」 という慣れや慢心から
訓練を行ったために、事故が起きてしまいました。

仕事におきましても、いつもやっていることほど、慣れや慢心から、
思いもよらないミスを起こしがちです。

慣れた仕事でも、ほどよい緊張感をもって集中して行えるように、
心掛けていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿