朝礼ネタ ポケモンGOと 安全対策

ポケモンGOと 安全対策

ポケモンとは

ポケットモンスターの略称。

モンスターボールに、モンスターを捕まえ収納すると、
ポケットに入る大きさになることから、ポケモンといわれる。

1996年に、任天堂から、ゲームボーイ用ソフト
『 ポケットモンスター 赤・緑 』 が販売され、大ヒットします。

その後、続編となるゲームソフトの販売のみならず、アニメ化、
キャラクター商品化、カードゲーム化、アーケードゲーム化され、
日本国外でも大人気となっています。

ゲームにおける世界観は

ポケットモンスターという、不思議な生き物が生息する世界で、
主人公( プレイヤー ) は、ポケモントレーナーとなり、世界を旅します。

ポケモンを育成しながら、

ゲーム内に存在する、他のポケモントレーナーと対戦し、
ジムバッジを集めることで、ポケモンリーグの出場条件を得て、
ポケモントレーナーの頂点を目指します。

また、多くのポケモンを捕まえることでポケモン図鑑の完成を目指す、
などの目的もあります。


ここから朝礼ネタ

最近ニュースでも話題なのが、スマートフォンゲームの「 ポケモンGO 」 です。

簡単にゲーム内容を言うと、

プレイヤーはポケモントレーナーとなって、現実の世界を歩いて、
ポケモンを探索し捕獲します。

さらに、捕獲したポケモンを育てたり、他のプレイヤーと交換、
バトルもできる、というものです。

このポケモン探しのために、歩きスマホが増えて危険ではないか?と
言われていて、

実際、海外では、ゲームに夢中になった利用者の交通事故なども
起きているそうです。

そこで、日本配信に伴い、安全対策として、

  • ポケモンが見つかると、端末が振動するので、歩きながら端末の画面を見続けなくてよい。
  • 自動車運転中などのプレイを避けるために、一定のスピード以上では、ポケモンが捕まえられなくなっている。
  • ポケモンは、見つけた場所で立ち止まって捕まえることができるので、追いかけて走ったりしなくてよい。

などが、講じられているようです。

仕事におきましても、どんなに早く、どれだけ高品質の商品が作れても、
作業の安全が確保できていなければ、意味がありません。

私自身も、危ない仕事のやり方をしていないか、
周りに危険な場所はないか、など再確認して、
安全第一で、業務に取り組んでいきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿